印象を悪くするクレーターは治療で排除せよ

治療の特徴と流れ

ウーマン

深くなってきたほうれい線を解消するのに有効なのがヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸を皮下に注入するだけでしわがなくなる人気の美容整形です。手軽にできますが、治療前と治療後は守るべき注意点もいくつかあります。

リフトアップ手術と皮膚

女性

頬のたるみを治療する方法にはリフトアップ手術があります。余分な皮膚を直接カットすることで改善させるというものです。場合によっては複数の部位から脂肪を切除することもあります。一般的には皮下組織と表在性筋膜からリフトアップさせます。

クリニックで治せるニキビ

女性

保険適用でもできる

ニキビやニキビ跡をクリニックで治す場合、保険診療で出来る治療と、自由診療のみの治療があります。ニキビの治療は皮膚科クリニックに行けば保険適用で受けられます。基本的にニキビに効果がある抗菌剤やビタミン剤などの飲み薬、塗り薬の処方です。飲み薬や塗り薬だけなら保険適用で治せるので、市販の薬で効果がない人にお勧めです。ニキビ跡の治療はレーザー治療、フォトフェイシャルなどの医療機器を使用して行います。ケミカルピーリング、ビタミンC点滴などの治療もニキビ跡に有効です。こうした治療は一般皮膚科よりも美容皮膚科で行われており、すべて自由診療です。ニキビ跡が深いとそれだけ高度な治療が必要になり、費用や回数も増えていきます。

ニキビ跡の治し方

ニキビ跡には、軽い赤み程度のものから、クレータータイプのものまであります。赤み程度のニキビ跡は、時間の経過とともに薄くなっていきます。しかし、紫外線を浴びてメラノサイトが活性化するとシミになることがあります。色素沈着してしまったニキビ跡は、美容皮膚科でシミ治療をすれば治せます。クレータータイプのニキビ跡はレーザー治療が効果的です。クレーターになった部分にレーザーを照射し、コラーゲンを増やして皮膚の凸凹を修正します。皮膚が再生されるまで時間がかかりますが、肌質が改善されてきめ細かくなります。即効性を求めるならヒアルロン酸注入があります。クレーターのくぼみにヒアルロン酸を注入するだけなので、すぐに皮膚が滑らかな状態になります。

毎日のメイクを楽にする

目元

アートメイクは刺青とは違い、一生消えないというものでもないですし、後で除去することもできる施術方法です。眉やアイラインでいつも格闘しているという人には最適な施術です。大阪の美容クリニックでは医療アートメイクをしていて、整形とは違う施術によっていつもと違う自分を演出することもできます。